関西福祉大学 金光藤蔭高等学校

トップアスリート石丸 秋久

好きなサッカーを
思う存分できる環境

私はスポーツが大好きで、特に小さい頃に始めたサッカーは専門的に取り組んでいきたいと強く思っていました。金光藤蔭のトップアスリートコースはサッカー部が強化クラブとなっていて、練習時間が十分に確保されているので入学したいと思いました。
厳しい練習は覚悟していましたが、ただしんどいだけではなく、理論をしっかり教えてもらえるので、効率よく技術を習得できていると実感しています。
先輩はやさしく、同じ学年の仲間とのつながりも深いので、本当に充実した学校生活を送ることができています。

将来もずっとサッカーに
携わっていたい!

私の将来の夢はサッカーのコーチになることです。
私はサッカー部に所属しています。
金光藤蔭のトップアスリートコースは私が小さい時から続けてきたサッカーに、思う存分打ち込むことのできるコースです。私はこの高校生活でサッカーの技術はもちろんのこと、集団においての他人を思いやる気持ちなど貴重なことを学ぶことができていると実感しています。
その自分を成長させてくれているサッカーですが、大学に行って更に続けるかどうかを私は2年生の頃まで迷っていました。考えた末に私は「スポーツ関係の仕事に就き、将来指導者として活躍したい」と思うようになりました。そのためにまずスポーツ全般について学ぶことのできる学校に進学し、広い視野でサッカーを見つめ直すことに決めました。だから、競技者としてサッカーをするのは高校で終わりにしようと思っています。
私が主として頑張ってきたサッカーを生かすことができる選択肢がサッカーのコーチになることだと思い決意したので、絶対にこの夢を叶えたいと思っています。
将来少年サッカーチームで指導できることがあれば、自分の指導した子が母校である金光藤蔭に入ってくれたらうれしいですし、どこかの高校で指導できるのであれば、金光藤蔭に勝てるチームを作り恩返ししたいと思っています。
そして「何かの縁で母校の指導をサポートできることがあれば」と夢に描きながら日々のクラブ活動に精一杯励んでいます。