金光藤蔭高等学校

教育内容 トップアスリートコース教育内容 トップアスリートコース

トップアスリートコース
6つの強化指定クラブ
『トップを目指す』

スポーツを通じて人間力を養う

スポーツを通して自分の可能性を広げ、文字通りトップを目指します。競技力はもちろんのこと、集団生活、礼儀、マナーなどの指導により人間力を向上させ、社会貢献のできる人材育成を目指します。さらに専門性を追求したい人は、大学進学への道も切り開くことができます。

強化指定クラブ

男子バスケットボール部

「目指すは全国常連・上位進出」

インターハイ、ウィンターカップ、近畿大会を経験し15年目を迎えました。トップアスリートコースの強化クラブとしてさらなる活躍を約束します。目標は群雄割拠の大阪を制し、近畿・全国で上位を狙えるバスケットボールを創造することです。"闘え"の旗の下、全員が情熱と技術をぶつけ合う場でありたいと思っています。

実績

  • インターハイ出場2回
  • ウインターカップ出場1回
  • 近畿大会出場19回
  • 3×3 U-18大阪大会優勝
  • 3×3 U-18Asian Championships
    日本代表2名選出

ラグビー部

70名強の部員で「花園」を目指し頑張っています。専用の人工芝で伸び伸びとボールを追いかけて、気持ちのいい汗をかいています。数々の公式戦や練習試合をこなし、着実に実力をつけているクラブです。

実績

  • 中河内研修大会優勝
  • 全国大会大阪府予選準決勝進出
    ベスト4
  • 近畿大会大阪府予選決勝進出
    準優勝
  • 第20回全国選抜
    ラグビーフットボール大会出場

女子バスケットボール部

大阪No.1を目指して努力しています。心・技・体を自分自身で高め、まとまりでは大阪No.1だと思っています。感動を与えられるチーム目指してがんばっています。

実績

  • 大阪私学大会ベスト8
  • 大阪高校新人大会ベスト8

女子ソフトボール部

「輝かしい戦績を胸に、更なる飛躍を目指す」

仲間とともに技を磨き、知識を探求する我がソフトボール部。前向きに挑戦し、仲間と共有するその経験はとても貴重なもの。常に高い目標を持ち、学問とクラブ活動を両立したい君たちをサポートする絶好の環境がこの学園にあります。

実績

  • インターハイ(5回)
  • 全国私学(26回)
  • 全国選抜(2回)
  • 近畿私学(13回)
  • 近畿大会(13回)
    優勝1回 3位1回

柔道部

本校柔道部の部訓「勝負は生活に比例する」のもと全国で戦える選手の育成と、社会に通用する人間の育成を目指しています。140畳の武道場「藤心館」でさらに気合いを入れ、選手一同稽古に励んでいます。

実績

  • 私学大会優勝(個人男子1回)
  • 近畿大会団体出場(男子12回)
  • 近畿大会個人出場(男子のべ14名)
  • 全国高校選手権大会男子個人出場(1回)
  • 全日本ジュニア体重別選手権大会男子個人出場(1回)
  • 全日本カデ体重別選手権大会男子個人出場(1回)
  • H28 インターハイ予選 男子団体 3位
  • H28 新人戦 男子団体 3位

男子サッカー部

平成27年度より強化クラブに指定されました。全国大会出場を目指し競技技術の向上に取り組むだけでなく、人物の育成を第一に心身共に鍛えていきます。新生藤蔭サッカーを大きく育て共にピッチを駆け巡りましょう!

実績

  • 大阪私立高等学校
    総合体育大会ベスト8

カリキュラム

教科 科目 1年 2年 3年
国語 国語総合 4
現代文A 3
現代文B 4
古典A 2
古典B
国語演習 1
地歴 世界史A 2
日本史A 2
日本史B
日本史演習
公民 現代社会 2
政治・経済 2
数学 数学Ⅰ 3
数学Ⅱ 4
数学A 2
数学B
数学Ⅲ
数学活用 2
理科 科学と人間生活
化学基礎 3
化学
生物基礎 3
生物
地学基礎 3
保健体育 体育 3 3 3
保健 1 1
選択実技Ⅰ 4
選択実技Ⅱ 4
選択実技Ⅲ 4
芸術 音楽 1 1
美術
書道
外国語 コミュニケーション英語Ⅰ 4
コミュニケーション英語Ⅱ 3 3
コミュニケーション英語Ⅲ
英語表現Ⅰ
英語演習A 2
英語演習B 2
家庭 家庭基礎 2
情報 社会と情報 2
情報の科学
課題研究
情報と表現
マルチメディア表現
情報演習
情報基礎Ⅰ 2
情報基礎Ⅱ 2
総合(総合的な探究) 1
総合的学習(クラブ実践) 1 1 1
特活 宗教 1 1 1
ホームルーム活動 1 1 1
週時間数計 33 33 33

卒業生からのメッセージ卒業生からのメッセージ

トップアスリート卒業

高城 喜一

法政大学 社会学部 合格

Takajyou Kiti

人間として成長できる
真のスポーツマンシップとは何かを学びます

 私はラグビーを専門的に学べる高校に入学したいと思い、金光藤蔭高校を選びました。競技力の向上については、午後の授業は各クラブに分かれて専門種目の練習を行うなど、十分な取り組みがあると感じます。しかし、私が3年間で得た一番大切なことは「人間的な成長」でした。礼節や生活態度など厳しくご指導いただき、「自分をコントロールできなければ競技力も向上しない」と意識し、日々精進に努めるようになりました。このことはスポーツに限らず、社会に出ても忘れてはいけないことです。私は大学へ進学しても、ラグビーを続けていきます。新たなステージに立てたのは、競技のみならず、人間的成長をサポートしてくれた金光藤蔭高校のおかげだと感謝しています。