金光藤蔭高等学校

岩田 千晴

私は将来パティシエになりたいと思っています。きっかけは幼稚園の時に母親と一緒にお菓子をよく作っていました。それを家族や友人が「美味しい」と喜んでくれたことが忘れられないからです。そこからお菓子だけでなく、夕食の支度を手伝っていく中でさまざまな料理を作ることに興味が出てきました。そして、より専門的な知識を学びたいと思い、このコースを選びました。
1年生から基礎的な料理を班で協力し、作っていくことの難しさや楽しさを学びました。2年生になると、より専門的で難易度の高い知識を学ぶことができています。

上手くできないときは班のメンバーで協力して解決したり、先生が複数でサポートしてくださったりするので、困ることも少なく、毎回レベルアップすることができます。普段家で手伝っているだけでは知ることのできなかった料理を知ることができたので、このコースを選択してよかったと感じています。
私は卒業後、専門学校でより製菓に特化した勉強を深めたいと考えています。ここで学んだことを活かしながら、将来の夢であるパティシエになり、より多くの人の「美味しい」と笑顔を作っていきたいと思います。