金光藤蔭高等学校

川瀬 紅葉

私は幼い頃、アニメの主人公に憧れていました。明るくて積極的に他人を助けることができる主人公の性格は、内気な私には無いところばかりで、輝いて見えました。私はその主人公の絵を描くようになりました。そして、上手に何でも描けるようになりたいと思うようになりました。絵を描くことが純粋に楽しかったというのも理由の一つですが、描いた絵を褒めてもらったことがきっかけです。内気な私でも絵を描くことにより、自分を表現できると気が付いたのです。
中学2年生の頃には、絵の道に進みたいと真剣に考えるようになりました。芸術に特化したコースがある学校を調べて、いろいろな学校の中から金光藤蔭高校のアートアニメーションコースを選びました。

理由としては、イラストや声優の専門学校の先生による直接授業があることと、普段の学校生活での芸術教科の割合がとても多く魅力的に感じたからです。入学して改めて感じましたが、先生が優しく丁寧に指導してくれるし、アートアニメーションコースには私と同じ志を持つ仲間が集まっていて、ともに上を目指すことができる環境が整っていると思います。
私は、この学校でより多くの知識と技術を身に着け、自分の作品でたくさんの人を夢中にさせられるようなクリエイターになりたいと思っています。