金光藤蔭高等学校

天野かなで

私は小学生の頃からバスケットボールに打ち込んできました。中学校の時にはなかなか良い結果を残すことができず、歯がゆい思いをしていました。そんな時に金光藤蔭高校の練習会に参加し、先輩方が大好きなバスケットボールにうち込んでいる姿を見て、ここでなら更に自分を高めることができると感じました。そして、このチームでなら全国大会出場という私の夢を叶えられると思い、金光藤蔭高校への進学を決めました。
入学後は小学生や中学生では全く感じることの無かったスピード感や体の強さに、最初はついていくことで精一杯でした。しかし、先輩方に手助けしてもらったり同級生と声をかけ合ったりして頑張ることで、ついていくだけでなく、少しずつ自分で行動することができるようになりました。

学習面でも先生方の手厚いサポートのおかげで実用英語技能検定に挑戦するなど、とても充実した学校生活を送ることができています。 日々の練習や学校生活の中でバスケットボールの技術だけでなく、精神面や人間性も大きく成長できていると感じています。
現在、私たちは全国大会出場を目標に、日々練習に励んでいます。今の自分たちではまだまだ足りないことばかりですが、信頼する仲間とともに練習に励み、チームの目標を達成できるよう頑張っています。